鋼の自己肯定感は誰でもいつからでも作れる!自己肯定感を上げる方法!

強気な女の人の顔
  • 自分に自信がなくていつも周りの目を気にしてしまう
  • 自己肯定感の高め方を知りたい
  • 自分は自己肯定感が低いと感じている

こんなふうに悩むことはないですか?

この記事ではそんな“自己肯定感が低い”人たちに
鋼の自己肯定感を手に入れる方法を紹介していきます。

「自分は自分に自信があるし、自己肯定感が高い!」
と思っている人もちょっと待ってください。

自己肯定感が高い「ありのままの自分を”無条件”で受け入れ、愛している状態」
こう聞かれるとどうでしょうか?

おそらく、「ありのままの自分を無条件で愛せている人」
は、そう多くないんじゃないでしょうか?

「自分は有名大学を出て一流企業で働いてる。自分は他の人よりも優れている!」
「私は美人だし沢山の男性から誘いがある!私は人気者で凄い!」

…その考え方、危険です!

それは“自己肯定感が高い”とはちょっと違うんですね。

そのままの考え方でいるといつかその自信が崩れて、一気に人生が辛いものになってしまうかも知れません。

今回は宮崎直子さんの著書、鋼の自己肯定感」から学んだことと、
かつて自己肯定感が低かったけど今では“鋼の自己肯定感”を持つぼくがこれまでに学んだことを交えつつ、
2度と崩れることのない、鋼の自己肯定感の作り方を紹介していきます。

この記事で分かること
  • 鋼の自己肯定感の作り方
  • 鋼の自己肯定感を作るプラン
  • 自分を好きになる方法
スポンサーリンク
目次

鋼の自己肯定感を手に入れる方法

鍛冶屋の男が鉄を持ってる画像

自己肯定感とはありのままの自分を愛すること
なにがあっても自分の味方でいること

つまり、自分を世界一の親友にすること

どんな自分も受け入れて認めてあげる
どんな自分でも”完璧”な状態のことです

どんな自分もです!

では、どうすればありのままのどんな自分でも自分を愛せるようになるのか?

自分の価値を認める

あなたは存在しているだけですでに誰かの支えになっているし、
存在しているだけで誰かを豊かにしているんです。

「自分の価値が分からない…」という方はノートに書き出してみましょう。

どんな小さなことでも良いです。

例えば、あなたが存在していることで

  • 家族を幸せにしている
  • ご飯を食べることでスーパーの売上や農家の方が潤っている
  • 税金を払うことで国の経済が回っている
  • コーヒーを飲むことでコーヒー屋さんやコーヒー農家の方の利益になっている
  • ノートやペンを使うことで文房具やさんや製造業の方が潤う

なんでもいいんです。

あなたは存在しているだけですでに誰かには貢献しているし、価値があるということを知る

それを知って認めることが鋼の自己肯定感を育てる第一歩。

なぜなら、人は「自分には価値がある」と思えたときにだけ勇気が持てるからです。

鋼の自己肯定感を作るには条件をつけない

例えば自己肯定感が高い理由に、

  • 自分は、“容姿が良い”から人気者だ
  • 自分は、“仕事が出来て給料が高い”から凄い
  • 自分は、“才能がある”から凄い

このように自分の価値に“条件”を付けてしまうと、この条件がなくなったときに脆く崩れてしまいます。

想像してみてください。

いままでこういった“付加価値”があったから自分は凄いと思っていたけど、
年老いたり、病気になったり、なんらかの理由でこれらがなくなってしまったらどうでしょうか?

そうなったとき、あなたの自信は崩れ、“なんの価値もない自分”になってしまいます。

日本人の多くがこの条件付きの自己肯定感を持っているんですね。

なぜなら日本の教育が大いに関係しているからです。

日本の教育では、

  • 〇〇ちゃんより凄い
  • 良い学校に入り、良い会社に入らないと負け
  • 部活で良い成績を残したから凄い

こういった日本の教育背景もあり、
条件付きじゃないと価値がない自分と思い込んでしまってる人が多いんですね。

自分の価値は変わらない

子犬の画像

上記で説明したものは全て、「他人からどう思われるか?」

ということに視点をおいているんですね。

つまり、他人からの評価を気にして他人軸で生きているわけです。

あなたはあなたなんですよ。

容姿が良かろうが悪かろうが
給料が高かろうが安かろうが
才能があろうがなかろうが

どっちでもいいんですよ。

どっちのあなたでもあなたの価値は変わらないし、他人からの評価もあなたにはコントロールできないもの。

他人の評価を基準にしているといくらあなたがお金持ちでも、

もっとお金持ちの人を見たときにあなたは劣等感を感じるわけです。

要は“自分が自分のことをどう評価してるか”

これが1番大事で、他人が自分をどう評価しようが
“自分の価値は変わらない”ということを忘れないでください。

自分の意見をちゃんと言う

自分に自信がなく、自分の意見が言えない人は他人の目を気にしているからなんですね。 

正しいかどうかは問題じゃなく、自分の意見を堂々と主張すること。

あなたの意見に対して反論してくる人もいるかも知れません。

でもそれはその人の意見であって、あなたを批判しているわけではないんですね。

自分の意見を言わないことは、ありのままの自分を隠すこと
つまり、自己否定になってしまいます。

自分で自分を否定していたら誰が自分を認めてくれますか?

あなたはあなたのままでいいんです
ありのままのあなたでいいんです

ありのままの自分を認め、愛し、そして自分を表現してください。

常識をぶっ壊す

「もういい年なのに結婚もしてなくて稼ぎが低い…」

「周りの人はどんどん出世してるのに自分はだめだ…」

これ、だれがそう決めたんですか?

世間が決めた常識に沿って、あなたが勝手に自分はダメだと決めつけているんですよね?

だいたい常識というのは、多数派の意見ってだけで、
国が変われば常識も違うし、住んでいる地域によっても全然違います。

時代によっても常識は変わるし
宗教によっても常識は変わります。

ぼくが世界を旅して感じたことは、
常識なんてものは、これまでの環境や周りの人によって作られた固定概念でしかなく、
そんなものを基準にして自分や周りを評価するのはアホだということです。(口が悪くなってしまいすみません…)

日本は1つの小さな島国でしかありません。

世界からみたら日本の常識なんて
「何言ってんだこのアジア人たちは?」って感じです。

つまり、

「自分は〇〇だからだめだ…」なんてものはただの思いこみであり、
そんな概念は存在しないのに自分で勝手に自分を何かと比べて過小評価してしまっているんです。

  • 性別
  • 年齢
  • 容姿
  • 国籍
  • 仕事
  • 家族構成

これらのレッテルから飛び出して、「自分の存在そのもの」に価値をおき、
ありのままの自分を認めて、愛してあげることです。

鋼の自己肯定感を作るプラン

鉄をハンマーで打ってる画像

鋼の自己肯定感はいつからでも何歳からでも作れます。

自己肯定感とは決意すること。

「過去になにがあっても、今がどんな状態でも、未来になにがあっても、私は私を受け入れ愛する。私は一生自分に寄り添い、自分の親友になる」

と決めてしまえばいいんです。

自分を愛する覚悟を決めたら、あとはちょっとした行動で鋼の自己肯定感は作れるんです。

自己肯定感に影響している要因を洗い出す

自分の自己肯定感が上がったり下がったりする要因を洗い出してみましょう。

  • 見た目
  • 仕事、キャリア
  • 才能、能力
  • 人間関係
  • 性格

自分の自己肯定感に影響している要因を把握し、
これからなにをしていけばいいか理解することです。

他人からの評価を気にしている

テストで100点取れるから褒められたり
スポーツが得意だから人気者だったり
ビジネスが上手くいっているから尊敬されたりと
他人からの評価によって自己肯定感を感じている場合、
他人の評価が変わればあなたの自己肯定感も変わります。

凄く不安定で、危なげなものだと思いませんか?

自分でコントロールできないところを求め続ける限り、安定した安らぎは決して得られません

“他人からの評価を気にしない”と決意する。
“あなたを批判してくる人とは付き合わない”

これが今すぐにできる他人からの目を気にしなくなる解決法です。

他人との比較における自己評価

人の影がいくつかあり、瓶が真ん中に置いてある画像

「〇〇さんが仕事で成功しているのに自分はダメだ…」
「自分は沢山資格を持っているし、同世代より出世も早いから自分は凄い」

他人と自分を比べて一喜一憂してるのは、幼い頃から身につけてきた人生観に影響されるもの。

なるべくいい成績をとって、なるべくいい会社に入って、
なるべく凄い人脈を作って、なるべくいい相手と結婚する。

それが人生の成功だと信じて生きてきた。

だから他人との比較による自己評価で、
自己肯定感も上がったり下がったりしてしまうということなんですね。

鋼の自己肯定感を作るには、“競争社会”から抜け出し、“共創社会”に移ること。
つまり、人と競争するのではなく、ただ違うだけだということを認め、共存すること。

「皆んな違って皆んな良い」ということに気づくことです。

アファメーションをする

人は平均して1日に1万2千〜6万個の考えを持ち、
そのうち80%はネガティブなこと、そして95%は前日と同じことを考えているという結果があります。

いやー、こうして数字でみると人間って
ネガティブで同じことばかり考えてるアホな生き物みたいですね。

そして人は自分にどんな言葉を語りかけるかで
人生の結果が大きく異なることも分かっています。

今まで無意識に80%ものネガティブなことを考えていたのを
意識的にポジティブなものに置き換えていけば
人生は見違えるほど好転していきます。

自分にポジティブな言葉を語りかけるアファメーションは
鋼の自己肯定感を作るのに最適な方法です。

アファメーションのやり方

  • 主語をハッキリさせる
  • 現在形、または現在進行形にする
  • 否定的な言葉は使わない

願望ではなく、現実してるかのように言う。

例えば

「私は、ありのままの自分を愛しています」
「私は、どんどん豊かになっています」

いきなり自分を愛してるとか言うのが難しいようなら

「私は毎日少しずつ自分を好きになることを学んでいます」
「私は毎日少しずつ豊かさを感じてきています」

など、自分が無理なく始められるように言い換えて、
少しずつ現在形に変化していくようにしましょう。

もっと簡単なもので言うと

  • ツイてる
  • ありがとう
  • なんとかなる

こういったポジティブな言葉を意識的に唱えることで
ポジティブな現象が目の前に現れるようになってきますよ。

あわせて読みたい
もう引き寄せの法則で迷わない!引き寄せの法則の本質と正しいやり方! こんにちは、ひとりです! 引き寄せの法則をやっているけど、望みが叶わない… そんな引き寄せ難民になっていませんか? もしかしたらそれ、やり方が間違っているのかも...

ありのままの自分を愛する

人には感謝できてるけど自分には感謝できてない人、いませんか? 

自分に感謝できないと人生は辛いものになります。
人に感謝するのも大事ですが、まずは自分から。

胸に手をあてて、

「いつも頑張っているよね。いつもありがとう。人のことばかり考えててほんと優しいね。愛してるよ」

自分に語りかけてあげてください。

自分の1番の親友になる。
どんな自分でも認めて愛する。

あなたの心臓はあなたが生まれてからずっと動き続けてるんです。
あなたの身体はあなたの成長とともに一緒に成長してきたんです。

愛おしくて堪らなくないですか?

自分を抱きしめて、ちゃんと感謝してあげてください。

思考と感情は自分で選べる

夜の道路

宮崎直子さんの著書、鋼の自己肯定感の中で凄く好きな話があったので紹介します。

アメリカ在住の直子さんが誕生日の日に
娘さんとレストランで食事をしていた時でした。

美味しい食事を終え車に戻ると、窓ガラスが割られ、
中にあったリュックを盗られてしまったそうです。

普段は車の中に荷物を置いておいたりなんてしないのに
この日はたまたま元旦那さんから荷物を受け取った帰りでした。

直子さんはこのタイミングで荷物を渡してきた元夫を恨むこともできたし、
車内にリュックを置いていった娘に気づかなかった自分に罪悪感を抱くこともできた。

よりによって誕生日にこんなことが起こるなんて運が悪いと思うこともできたし、
窓ガラスを割ってリュックを盗んだ犯人を恨むこともできた。

だけど直子さんは犯人の幸せを願うことに決めたそうです

この犯人は窓ガラスを割って子どものリュックを盗まなければならないほど生活に困っていたのだろう。
そんな方法しか思いつかないほど切羽詰まっていたのかもしれない。

この犯人の再犯を防ぎ、他の人にもこんな思いをさせないようにするには、
この犯人に少しでも幸せになってもらうしかない。

そう考えたのです。

直子さんはその日、怒りの感情を選ぶこともできた。
落ち込むこともできたし、罪悪感を選ぶこともできた。

でもそれは根本的な解決法ではなく、
シンプルな事実は、犯人が幸せだったら
こんな事件は起こらなかったということ。

だから怒ることも、落ち込むことも、罪悪感を覚えることも一切せず、
ただただ犯人の幸せを願うことにしたのです。

このときの直子さんのように、思考も感情も選ぶことができるんですね

選ぶことが出来るのなら、自分が1番幸せを感じることが出来る思考と感情を
選んだほうがいいですよね。

自己肯定感も爆上がりします。

これらを続けるとどんな変化があるのか?

男性の2つの表情

冒頭でも述べた通り、僕は以前自己肯定感が低かったです。

自分は学歴もないしキャリアもない、
愛するパートナーもいなければ人付き合いも下手で社会にも馴染めない。
仕事も何やっても続かないし、家族とすら上手くつきあえない。

この世界こそが地獄で、自分は前世でなにかとんでもないことをやらかして地獄に落とされたんだ」

長いあいだ本気でこう考えていました。

そして、もう家族も友達も日本も捨てるつもりで
日本から消えるように放浪の旅にでました。

「このままでは自分は壊れてしまう」
そう思ったからです。

どこかで野垂れ死んでもいい
誰かに殺されても良い
この旅でなにかを見つけることができなければ
どのみち自分はもう死ぬしかない

そう考えていました。

あれから月日が流れ、長い旅を通して僕は
この記事で書いてあるようなことを無意識レベルでやっていたんですね。

もうあの頃の僕とは違う自分がいます。

自分に自信があり、
自分にしかない自分の価値を認めているし、
自分を魂レベルで愛しています。

あの頃地獄だと思っていた世界が、今は輝いてるんです。

つまりなにが言いたいかと言うと、

「鋼の自己肯定感は誰でもいつからでも作れる」
ということ。

もしいまあなたが自分に自信がなく、
自分を好きになれていなかったとしても、
いつかきっと自分を好きになれるはずです。

僕が保証します。

だから自分を信じてください。

合わせて読みたい引き寄せの法則についての記事はこちら
Kindle Unlimited無料体験

まとめ

自己肯定感とは、無条件にありのままの自分を愛すること。
他人からの評価を気にしたり、自分の価値に条件をつけないこと。

他人があなたのことをどう評価しようが、あなたの価値は変わらないんです。

自分を認め、愛してください。

人はだれでもいつからでも変われます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい
人生がうまくいっている人は皆んな本を読んでいる〜自己啓発にオススメの本10選紹介〜 「自己啓発、人生好転」にオススメの本10選をまとめた記事です。実際に読んでためになったものばかりなので、「より良い人生を送りたいけどどんな本を読んだら良いのか分からない…」と悩んでいる人たちの参考になればと思います。
あわせて読みたい
もう引き寄せの法則で迷わない!引き寄せの法則の本質と正しいやり方! こんにちは、ひとりです! 引き寄せの法則をやっているけど、望みが叶わない… そんな引き寄せ難民になっていませんか? もしかしたらそれ、やり方が間違っているのかも...

「自分のやりたいことや自分軸の見つけ方が分からない…」

そんな悩みありませんか?

「DISCOVERYメソッド」で学ぶことで、自分のやりたいことや自分軸の正しい見つけ方がわかり、もう他人に振り回されることがなくなり、自分がすべきことを自分で決断できるようになるでしょう。

ziku101.jpg

強気な女の人の顔

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次